本文へ移動

売却までの流れ

3つの媒介契約

宅地建物取引業者が宅地や建物の売買や交換の媒介(仲介)の依頼を受ける際の依頼者との契約を「媒介契約」といいます。不動産の媒介契約の種類としては、専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約、の3種類あります。専属専任媒介契約や専任媒介契約で依頼した場合、依頼者は依頼した仲介業者以外の業者に重ねて依頼できないなど制約を受けます。だからこそ依頼を受けた業者は、提案やアイディアを絞り、より良い条件を導き出す責任があります。
●専属専任媒介契約
●専任媒介契約
●一般媒介契約

販売価格の決定

販売価格を決定していくにあたり、売主様側の現状(販売物件の残債等の資金計画、いつまでに売りたいか等の販売期間、売り出すタイミングなど)と、買主様側の現状(ご予算・エリア・引き渡し時期など)、双方の条件が交わるポイントが売却への近道となります。そのなかで、販売価格の決定が、売却期間に大きく影響を与えます。販売価格は大きく、①当初売出価格②相場価格③買取価格、と3種類ございます。
●当初売出価格
●相場価格
●買取価格

LDKだからできること!

●豊富な売却活動をいたします!
●買取対応できます!
●リフォームのご提案ができます!

不動産のご売却に関するQ&A

 
Q.査定は何をするのですか?
Q.不動産の持ち主ではないですが査定依頼できますか?
Q.売却の依頼(不動産店に対して)は、何社かにお願いすることはできるのですか?
Q.自宅を査定してほしいのですが、査定すると費用はかかりますか?
Q.不動産の売却依頼をすると費用はかかるの?
地域を熟知しているので適正価格でご提案できます。
心がけているのはレスポンスとフットワーク。
レスポンシブルな対応でお客様のご不安を与えません。
LDK株式会社
〒356-0004
埼玉県ふじみ野市上福岡2-2-5-1B
TEL.0120-911-118
FAX.049-293-1409
友だち追加 住宅ローン 金利情報【住宅金融普及協会】 リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ) 不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】 損をしないシリーズ 空き家対策フル活用ドットコム
TOPへ戻る